10/03/2007

第11回ホスピス市民講座シンポジウムにおける報告

◆第11回ホスピス市民講座シンポジウムにおける報告

第11回ホスピス市民講座シンポジウム
「「認知症」――理解のための第一歩」
日時:2007年10月21日(日).13:00~16:00.
場所:甲南大学平生記念セミナーハウス.

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp071021.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第16回認知症介護研究会における発表

◆第16回認知症介護研究会における発表

第16回認知症介護研究会.
日時:2007年10月20日(土)14:00~18:00.
場所:高齢者福祉総合施設ももやま交流室.
報告:天田城介(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
   「死に放擲される老い・2」

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp071020.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本倫理学会大会第58回大会 共通課題「老い」シンポジウムにおける発表

◆日本倫理学会大会第58回大会 共通課題「老い」シンポジウムにおける発表

※日本倫理学会HPhttp://jse.trustyweb.jp/2007/05/582007.htmlからの引用。

第58回大会(2007年度)共通課題「老い」
第58回大会(2007年度・於新潟大学)共通課題「老い」は、現在次のように開催する予定です。

設定の趣旨:少子高齢化社会到来の危機感が煽られ、年金や介護保険制度の改革が叫ばれている傍らで、現代の「老い」はますます多様化し、高齢者の暮らしの「格差」も拡大の一途をたどっている。そうした現在にあって、「老い」を若さや能力の減退として見切り、保健医療や人口統計の対象として扱うのではなく、その積極的な価値を掘り起こし、世代間のつながり・支え合いの倫理を再編成する作業が人文学(とりわけ倫理学)に求められているのではあるまいか。本共通課題は、古今東西の倫理思想を探究してきた本学会の叡智を結集し、「老い」の厚みと広がりを解明することをねらいとする。

【老いの伝統】
1 荻野弘之(上智大学) 「西洋思想における老いの諸相」
2 吉村均(財団法人・東方研究会) 「老いの苦と仏教――東洋の伝統から」

【老いの文学】
3 木村純二(弘前大学) 「隠遁と老い」
4 大町公(奈良大学) 「戦後日本の老いと介護――「介護文学」作品を手がかりに」

【老いの倫理】
5 天田城介(立命館大学) 「「〈老い〉の倫理学」の社会学序説」
6 黒住眞(東京大学) 「「老い」について――倫理思想史からの問い」

*以上のタイトルには仮題のものも含まれております。シンポジウムの運営方式も含めて、詳しいプログラムについては大会報告集にてお伝えする予定です。
(課題実行委員:池上哲司、片山洋之介、川本隆史、頼住光子)

日本倫理学会HP
http://jse.trustyweb.jp/第58回大会(2007年度)日程・会場案内等
http://jse.trustyweb.jp/2007/05/582007_2.html

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp071014.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/31/2007

COE研究会「歴史の中における問い――栗原彬先生に聞く」での質問

◆COE研究会「歴史の中における問い――栗原彬先生に聞く」での質問

立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点
「歴史の中における問い――栗原彬先生に聞く」

日時:2007年9月6日(木)13:00~17:00
会場:立命館大学衣笠キャンパス創思館403・404教室
(キャンパスアクセスURL:http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/annai/profile/access/kinu_l.html

話し手:栗原彬 http://www.arsvi.com/0w/krhrakr.htm
聞き手:立岩真也・天田城介ほか

※案内部分は転送自由です。
※参加費無料
※どなたでも参加自由ですが、会場の収容人数との関係から事前に天田(josuke.amada@nifty.com)までメールをください。

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070906.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユニットケア全国セミナー分科会のコーディネーター

◆ユニットケア全国セミナー分科会のコーディネーター

※知人からの頼まれ仕事でやることになりました。

ユニットケア全国セミナー分科会.
「地域とともにつくるケア――サテライトケア・地域密着型サービスの可能性を探る」

日時:2007年09月09日(日).09:00~12:00.
場所:滋賀県立文化産業交流会館.

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070909.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/14/2007

第17回日本家族社会学会大会「介護・世代間援助」の司会

第17回日本家族社会学会大会「介護・世代間援助」の司会
日時:2007年09月08日(土)14:00~16:30.
場所:札幌学院大学.

日本家族社会学会HP
http://www.wdc-jp.com/jsfs/

第17回日本家族社会学会HP
http://www.wdc-jp.com/jsfs/regulation/index.html

大会プログラム
http://www.wdc-jp.com/jsfs/regulation/taikai/2007_prg.pdf

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070908.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

認知症プレセミナーでのコメント

◆認知症プレセミナー

※昨日終了したイベントですが、一応、掲載しておきます。
※天田は諸般の事情により15:00~19:00までの参加でした。

日時:2007年8月12日(日).09:30~17:00.
場所:ひと・まち交流館3階.http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070812.htm

◆関連情報としては以下。
日本病院・地域精神医学会HP http://www.byochi.org/index.html の認知症オープンセミナーのお知らせ http://www.byochi.org/soukai_3.html を参照。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/17/2007

立教大学大学院コミュニティ福祉学研究科における集中講義

◆立教大学大学院コミュニティ福祉学研究科における集中講義

立教大学大学院コミュニティ福祉学研究科集中講義
科目:専門社会調査演習3(質的調査法)

日時:2007年08月06日(月)~08月08日(水).
場所:立教大学新座キャンパス.

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070806.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平成19年度九州国立看護教育学会における講演

◆平成19年度九州国立看護教育学会における講演

平成19年度九州国立看護教育学会特別講演
日時:2007年08月03日(金).10:30~12:30.
場所:KKRホテル博多.

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070803.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHK学園「人間学」講義の講師

◆NHK学園「人間学」講義の講師

日時:2007年07月22日(日).12:05~13:35.
場所:関西大学天六学舎.
内容:「〈人間〉を問うことの危うさについて」

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070722.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大阪府立大学大学院人間社会学研究科における集中講義

◆大阪府立大学大学院人間社会学研究科における集中講義

大阪府立大学大学院人間社会学研究科集中講義
科目:社会環境特殊講義

日時:2007年07月30日(月)~08月02日(木).
場所:大阪府立大学中百舌鳥キャンパス.

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070730.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「スティグマとノーマライゼーション研究会」報告者

◆「スティグマとノーマライゼーション研究会」報告者

[スティグマとノーマライゼーション研究会・2007年度研究会のお知らせ]
「<異なりの身体>を社会学する――老い・障害・病いに照準して」

●報告者: 天田 城介(立命館大学)
●討論者: 森岡 正博(大阪府立大学)
       平 英美(滋賀医科大学)
○司会:   中河 伸俊(大阪府立大学)

●日時: 2007年8月2日(木) 13:00~16:30
●場所: 大阪府立大学人間社会学部棟(A4)1F 104会議室

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070802.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/01/2007

「PTSDと「記憶」の歴史――アラン・ヤング教授を迎えて」の討論者

◆「PTSDと「記憶」の歴史――アラン・ヤング教授を迎えて」の討論者
※以下、転送・転載自由です。広くアナウンスして頂ければ、大変有り難く存じます。

詳細は、arsvi .com内のページに掲載してあります。
http://www.arsvi.com/a/e2007a.htm#0721

――――――――――――――――
特別公開企画
立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点
PTSDと「記憶」の歴史――アラン・ヤング教授を迎えて

日時:2007年7月21日(土)13:00~18:00(開場12:30)
会場:立命館大学衣笠キャンパス以学館2号ホール
(キャンパスアクセスURL : http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/annai/profile/access/kinu_l.html
参加費:無料

▼プログラム
13:00~13:05 開会の辞 西成彦(立命館大学大学院先端総合学術研究科長)
13:05~13:10 紹介 宮坂敬造(慶應義塾大学文学部教授)
13:10~14:10 基調報告 Allan Young 教授(慶應義塾大学社会学研究科特別招聘教授)
          "PTSD in the War on Terror" [通訳:宮坂敬造(慶應義塾大学文学部教授)]
14:10~14:25 指定質問1 小宅理沙(立命館大学大学院先端総合学術研究科院生)
14:25~14:40 指定質問2 片山知哉(立命館大学大学院先端総合学術研究科院生)
14:40~15:00 Allan Young 教授のリプライ
15:00~15:20 休憩
15:20~15:40 研究報告1 植村要(立命館大学大学院先端総合学術研究科院生)
15:40~16:00 研究報告2 櫻井浩子(立命館大学大学院先端総合学術研究科院生)
16:00~16:20 Allan Young 教授のコメント
16:20~16:40 休憩
16:40~16:55 全体討議コメント1 池田光穂(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)
16:55~17:10 全体討議コメント2 天田城介(立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授)
17:10~17:30 Allan Young 教授のリプライ
17:30~17:50 フロアからの質問 & Allan Young教授のレスポンス
17:50~18:00 閉会の辞 松原洋子(立命館大学大学院先端総合学術研究科副研究科長)
司会:サトウタツヤ(立命館大学文学部教授)

*講演は英語で行われますが、逐次通訳・パソコン筆記要約の準備がございます。

【Allan Young 教授の紹介】
1938年アメリカ合衆国ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ。1959年ペンシルヴァニア大学人類学部卒業。1974年同大学人類学部博士(Ph.D)。ニューヨーク大学、ケース・ウェスターン・リザーヴ大学などを経て、現在、カナダ・ケベック州モントリオール(モンレアル)のマッギル大学社会学的医学研究部門主任教授、人類学部・医学部教授。彼は、我が国では『PTSDの医療人類学』によって1998年ウェルカム医療人類学賞を受賞したことで知られていますが、以後、同テーマで継続的に一連の研究を行いつつ、脳の進化等、進化精神医学の最近の一連の広いテーマも精力的に精査し、北アメリカの精神医学関係の学会でも多くの論文を発表しています。

主催:
立命館大学グローバルCOEプログラム 「生存学」創成拠点

共催:
慶應義塾大学グローバルCOEプログラム 論理と感性の先端的教育研究拠点形成

協賛:
科学研究費補助金「患者主導型科学技術研究システム構築のための基盤的研究」(代表:松原洋子)
科学研究費補助金「社会状況や海外学説との関連からみた本邦臨床心理学の歴史的展開」(代表:佐藤達哉)
科学研究費補助金「米国の高齢者医療福祉制度における老いと死をめぐる表象の政治学」(代表:天田城介)

◆お申し込み方法
ご芳名、ご所属(任意)、ご連絡先(任意)をご記入の上、EmailまたはFAXにてお申し込みください。
・お申し込み先 Email:liaisonk@st.ritsumei.ac.jp FAX:075-465-8245

◆お問い合わせ先
立命館大学人文社会リサーチオフィス(担当:荒堀・大下・仲山)
〒603-8577京都市北区等持院北町56-1
TEL:075-465-8358 FAX:075-465-8245
Email:liaisonk@st.ritsumei.ac.jp

会場へのアクセス:
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/annai/profile/access/kinu_l.html

◆お願い
※駐車場がございませんので、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
※会場内での飲食はご遠慮ください。

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070721.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/22/2007

第33回日本保健医療社会学会大会「高齢者ケア」の司会

第33回日本保健医療社会学会大会
日時:2007年05月20日(日).09:15~11:20.
於:新潟医療福祉大学.会場3 教室 D304

大会ホームページ
http://www.nuhw.ac.jp/~hoi/
大会プログラム集
http://www.nuhw.ac.jp/~hoi/program.pdf
天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070520.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/11/2007

立命館大学土曜講座2007年4月「「生存学」の創成――障老病異と共に暮らす世界へ」での講演

◆立命館大学土曜講座2007年4月「「生存学」の創成――障老病異と共に暮らす世界へ」での講演

日時:2007年4月7日(土).14:00~16:00(講義90分+質疑応答30分、計120分).
場所:立命館大学衣笠キャンパス末川記念会館ホール(1階).
講師:天田城介
演題:「老い衰えゆくことをめぐる困難――何がいかに問われたのか?」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp070407.htm


その他の土曜講座の講演についてはhttp://www.arsvi.com/a/200704.htmを参照。
また、土曜講座の詳細はhttp://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/kikou/doyokozakikoh.htmを参照。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/19/2007

『〈老い衰えゆくこと〉の社会学〔普及版〕』刊行

2007年1月30日に『〈老い衰えゆくこと〉の社会学〔普及版〕』を刊行します。
今回の本は、2003年2月に刊行された『〈老い衰えゆくこと〉の社会学』(多賀出版)を、単純に元の価格にて増刷・重版するのではなく、「初版本」よりは購入しやすい価格設定にした上で、誤植などの必要最低限と思われた箇所のみに修正を施して、「普及版」として刊行するものです。言い換えれば、本書は「低額化」を第一義的な目的として刊行されるものということです。
また、本書は「並製(ソフトカバー)」とし、本文用紙に薄い用紙を使用することによって書籍の「厚み」を「初版本」の2/3程度に抑えることによって「軽量化」しています。

今から読み返すと、穴があったら入りたいほど甚だ恥ずかしい内容ですが、関心のある方はご購入頂ければ大変有り難く存じます。
(なお、著者割引価格4,000円にて販売しておりますので、ご関心のある方々はメールを頂ければ幸いです)

取り急ぎ。
天田

◆書誌情報は以下参照
http://www.josukeamada.com/bk/books3.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/07/2007

小規模多機能ケア研修での講演+コーディネーター

◆小規模多機能ケア研修での講演+コーディネーター

宅老所・グループホーム全国ネットワーク主催「小規模多機能ケア研修」

日時:2007年01月19日(金).10:20~16:00.
場所:エル・おおさか南ホール.

http://www.josukeamada.com/bk/bsp070119.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/02/2006

熊本学園大学社会福祉学部における集中講義

◆熊本学園大学社会福祉学部における集中講義

熊本学園大学社会福祉学部における集中講義
科目:老人福祉論Ⅰ

日時:2006年12月25日(月)~12月30日(土).
場所:熊本学園大学.

http://www.josukeamada.com/bk/bsp061225.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/29/2006

人間・環境学会第80回研究会における発表

◆人間・環境学会第80回研究会における発表

人間・環境学会第80回研究会
■日時:2006年12月9日(土)13:30~17:00
■会場:京都私学会館・2階206号会議室
     http://www.kyt-shigakukaikan.or.jp/access.html
■参加費: 研究会 会員1,000円 一般1,500円 学生500円
        懇親会 3,000円程度の予定(別会場において開催の予定です)
■プログラム:
 1.橘弘志(実践女子大学)「高齢者と環境との発達的関わりに関する序論」
 2.天田城介(立命館大学)「老い衰えゆく高齢者の生が簒奪される場――『環境の位置』」
 3.松本光太郎(名古屋大学)「外出から考える高齢者と環境のトランザクションのあり方:『包含』という言葉を手がかりに」


◆人間・環境学会HPでは以下参照
http://homepage3.nifty.com/naoyuki_oi/event/eventnews2006/MERAk-80.html

◆天田城介josukeamada.comでは以下参照
http://www.josukeamada.com/bk/bsp061209.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/12/2006

「地域密着地域づくり・地域の再生」におけるコーディネーター

◆「地域密着地域づくり・地域の再生」におけるコーディネーター

NPO法人おーさぁ主催
「地域再生セミナー」
フォーラム 15:00~16:50(110分)
「地域密着地域づくり・地域の再生――健軍くらしささえ愛工房の1年と、夢サポート健軍の取り組みから」

日時:2006年11月22日(水) 15:00~16:50.
場所:熊本市健軍文化ホール.

http://www.josukeamada.com/bk/bsp061122.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/10/2006

清泉女子大学ゲスト講義

◆清泉女子大学ゲスト講義

日時:2006年11月16日(木).10:40~12:10.
場所:清泉女子大学.
講師:天田城介(立命館大学大学院先端総合学術研究科非常勤講師)
表題:「少子高齢化における分配と承認をめぐる問い」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp061116.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/13/2006

第25回日本医学哲学・倫理学会大会シンポジウムにおける発表

◆第25回日本医学哲学・倫理学会大会シンポジウム「老いること、衰えること、死を迎えること」における発表

第25回医学哲学・倫理学会大会
大会テーマ「老・衰・死と向き合う」

会 期:2006年10月28日(土)、29日(日)
会 場:大阪大学豊中キャンパス共通教育棟
大会長:霜田求
参加費:3500円(当日4000円)、学生:1000円

* 特別講演・シンポジウムのみ:1000円

特別講演
日 時:2006年10月29日(日)午後
司 会:清水哲郎(東北大学)
講演者:鷲田清一(大阪大学)「老いの空白」

シンポジウム
日 時:2006年10月29日(日)午後
テーマ:「老いること、衰えること、死を迎えること」
司 会:霜田求(大阪大学)、宮越一穂(南大阪病院)
シンポジスト:
     天田城介(立命館大学)「死に放擲される老い――事態の深刻さと倫理/に抗う論理 」
     宮坂道夫(新潟大学)「難病、尊厳死、ニヒリズム――日本の難病患者が“世界”に示している普遍的な論点」
     田村恵子(淀川キリスト教病院)「衰え死を迎えるがん患者へのケア」
     浅井篤(熊本大学)「死の自己決定と患者の利益」

第25回医学哲学・倫理学会大会HP
http://pe-med.umin.ac.jp/25th_meeting.html.htm

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp061029.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/03/2006

立教大学社会学部シンポジウム「社会学は『未来』をいかに語りうるか?」における講演

◆立教大学社会学部シンポジウム「社会学は『未来』をいかに語りうるか?」における講演

立教大学社会学部シンポジウム「社会学は『未来』をいかに語りうるか?」.
日時:2006年10月21日(土).13:00~17:00.
場所:立教大学池袋キャンパス5号館5123教室.(受講料:無料/申し込み:不要)

内容
《挨拶》
木下康仁(立教大学社会学部長)

《基調講演》
◆「未来構想の社会学」
  見田 宗介氏(東京大学名誉教授・共立女子大学教授)
◆「自由はいかにして語ることが可能か?――社会学の位置」
  天田 城介氏(立命館大学大学院先端総合学術研究科講師)
◆「創造環境としての都市」
  松本 康(立教大学社会学部教授)
司会 奥村 隆(立教大学社会学部教授)
    高木 恒一(立教大学社会学部助教授)

対象 本学学生、教職員、高校生、高校教員、小中高生を子に持つ親の世代など一般
受講料 無料
申し込み 不要
主催 立教大学社会学部

問い合わせ 立教大学社会科学系事務室
TEL:03-3985-3359


立教大学のホームページ
http://rikkyo.daigaku.co.jp/tn/topics.php?id=682

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp061021.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/18/2006

日本社会福祉学会第54回全国大会「高齢者保健福祉」の司会

◆日本社会福祉学会第54回全国大会「高齢者保健福祉」の司会

日本社会福祉学会第54回全国大会
日時:2006年10月07日(土).13:00~17:30.
場所:立教大学新座キャンパス N344教室

大会ホームページ
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/cchs/gakkai/
大会プログラム集
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/cchs/gakkai/program/program_2006.pdf

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp061007.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/12/2006

熊本学園大学社会福祉学部における集中講義

◆熊本学園大学社会福祉学部における集中講義

熊本学園大学社会福祉学部における集中講義
科目:老人福祉論Ⅱ

日時:2006年09月11日(月)~09月16日(土).
場所:熊本学園大学.

http://www.josukeamada.com/bk/bsp101.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平成18年度筑豊ブロック法人社協連絡協議会の研修会での講演

◆平成18年度筑豊ブロック法人社協連絡協議会の研修会での講演

平成18年度筑豊ブロック法人社協連絡協議会
中・遠エリア社協役員・職員研修会 実施要綱

日時 平成18年8月20日(日)13:00~15:00(12:30受付開始)
会場 岡垣サンリーアイ・ハミングホール(大ホール)岡垣市野間1-2-1 093-282-1515
テーマ:「介護保険改革、障害者自立支援法、医療制度改革の只中で問うべきこと」
講師:立命館大学大学院先端総合学術研究科 非常勤講師 天田城介

http://www.josukeamada.com/bk/bsp060820.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シンポジウム「難病と福祉施策」のコーディネーター

◆シンポジウム「難病と福祉施策」のコーディネーター

IBD九州大会in熊本~越すに越されぬIBD~

日 時: 平成18年 8月19日(土)10時00分~16時00分(開場9時30分)
会 場: 熊本市国際交流会館 6・7階 定員230名 ※地下駐車場有り(有料)
      〒860-0806 熊本市花畑町4番8号 TEL 096-359-2121 FAX 096-359-5112
      http://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/kokusai/shisetsu/shisetsu.html
参加費: 1,000円


10時20分 第1部 シンポジウム「難病と福祉施策」
コーディネーター:立命館大学大学院先端総合学術研究科 非常勤講師  天田城介さん
シンポジスト   :熊本県福祉総合相談所  所長  樫山隆昭さん
           佐賀県難病相談・支援センター  所長  三原睦子さん
           沖縄県難病相談・支援センター  事務局長  照喜名通さん
           北海道IBD  会長  萩原英司さん

http://www.josukeamada.com/bk/bsp100.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/28/2006

立教大学大学院コミュニティ福祉学研究科における集中講義

◆立教大学大学院コミュニティ福祉学研究科における集中講義

立教大学大学院コミュニティ福祉学研究科集中講義
科目:専門社会調査演習3(質的調査法)

日時:2006年8月7日(月)~8月9日(水).
場所:立教大学新座キャンパス.

http://www.josukeamada.com/bk/bsp99.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本質的心理学会第3回大会の企画シンポジウムにおける指定討論者

◆日本質的心理学会第3回大会の企画シンポジウムにおける指定討論者

大会企画シンポジウム「高齢者の『生の質』を支える/捉える営み――棲家のあり方をめぐって」における指定討論者.
日時:2006年8月6日(日).09:00~10:45.
場所:九州大学.

企画者     三浦 研  (大阪市立大学)
         松本光太郎 (名古屋大学)
司会      小野寺涼子 (早稲田大学)
話題提供者  下村恵美子 (宅老所よりあい)
         三浦 研  (大阪市立大学)
         松本光太郎 (名古屋大学)
指定討論者  浜田寿美男 (奈良女子大学)
         天田城介 (立命館大学)

http://www.josukeamada.com/bk/bsp98.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

九州国立看護教育学会における講演

◆九州国立看護教育学会における講演

九州国立看護教育学会特別講演
日時:2006年8月4日(金).10:30~12:30.
場所:メルパルク熊本.
表題:「何を、どのように、いかなる方法で記述するのか?――調査と記述の厄介さ」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp97.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「コミュニケーションとしての研究の倫理」における講演

◆研究倫理を考える第3回「コミュニケーションとしての研究の倫理」における講演

■立命館大学人間科学研究所 研究倫理ワーキング・グループ連続企画 研究倫理を考える
 第3回 「コミュニケーションとしての研究の倫理」

日 時:2006年7月31日(月)16:30~18:30
場 所:立命館大学衣笠キャンパス 創思館3F 創303・304

講 演 者: 望月昭氏(本学 応用人間科学研究科 教授)
       「研究行動の機能から考える倫理――行動分析的対人援助学の立場から」
       天田城介氏(本学 先端総合学術研究科 GP担当)
       「研究の遂行をめぐるいくつかの困難――葛藤・摩擦・亀裂・断絶・対立」
海外事情紹介:大野カヤ氏(クラーク大学大学院生)
       「アメリカにおける被験者募集の際の同意の取り方」
コメンテーター: サトウタツヤ氏(本学 文学部 教授)
       中村正氏(本学 応用人間科学研究科 教授)

http://www.josukeamada.com/bk/bsp96.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/16/2006

NHK学園「人間学」講義の講師

◆NHK学園「人間学」講義の講師

日時:2006年07月16日(日)12:00~13:30
場所:関西大学
内容:「人間(学)の問いの厄介さ」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp95.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/27/2006

研究会「<差別論>を考える」の討論者

◆研究会「<差別論>を考える」の討論者

研究会「<差別論>を考える」(著者に聞くシリーズ・その1)」.
日時:2006年07月01日(土).14:00~17:30.
場所:京都大学文学部棟(新館)5F L521社会学共同研究室(予定)

http://www.josukeamada.com/bk/bsp94.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/21/2006

福祉社会学会第4回大会「第4部会」の司会

◆福祉社会学会第4回大会「第4部会」の司会

福祉社会学会第4回大会
日時:2006年06月25日(日).09:20~12:15.
場所:大阪市立大学.

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~ws/taikai.html
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~ws/program2006.pdf

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp93.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/14/2006

第54回関東社会学会大会「第8部会:福祉・介護」の司会

◆第54回関東社会学会大会「第8部会:福祉・介護」の司会

第54回関東社会学会大会
日時:2006年06月17日(土).14:30~17:00.
場所:慶應義塾大学.

http://wwwsoc.nii.ac.jp/kss/congress/54/program_detail_section.html#section_08

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp92.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/11/2006

第32回日本保健医療社会学会大会 メインシンポジウムでの発表

◆第32回日本保健医療社会学会大会 メインシンポジウムでの発表

第32回日本保健医療社会学会大会
日時:2006年5月13日(土)、14日(日)
場所:立教大学(池袋キャンパス)
メインテーマ 「病を生きる、生を支える」

2006年5月13日(土) 15:40~18:00 メインシンポジウム
「病い・老い・トラウマを生きる―保健医療の対象者像(他者像)の再発見」

シンポジスト 天田 城介(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
         朝倉 隆司(東京学芸大学養護教育講座)
         溝田 友里(東京大学大学院健康社会学)
司会 立岩 真也(立命館大学大学院先端総合学術研究科) 
    中川 薫 (首都大学東京 都市教養学部)

※従来、保健医療は、病い、老い、トラウマ等の困難と苦痛に着眼し、その軽減と除去に努めてきた。しかし、保健医療の対象者(他者)は、そうした困難や苦痛を抱えながらもなおよりよく生きようとしている、決して受け身ではない、主体的な人々なのである。本シンポでは、保健医療福祉の新しいあり方を探求する見地から、こうした保健医療の対象者像(他者像)の再発見とそのための新しい理論と方法の開発に挑戦したい。

■日本保健医療社会学会HP
http://square.umin.ac.jp/medsocio/box/info.htm
■天田城介(josukeamada.com)のHP
http://www.josukeamada.com/bk/bsp91.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『福祉ボランティア論(仮題)』執筆者会議での発表

※すでに終了したものですが、記録のため掲載致します。

◆『福祉ボランティア論(仮題)』執筆者会議での発表

天田城介
「「つながり」を生み出す場――「当事者」と「ボランティア」をめぐる位置価(付与された題目)」
『福祉ボランティア論』執筆者会議.2006年3月30日(木)13:00~18:00.於:有斐閣.

http://www.josukeamada.com/bk/bsp90.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小規模地域ケア交流フォーラムの総合セッション「介護保険で何が変わったか?」での発表

※すでにとうの昔に終了したものですが、記録のため掲載致します。

◆小規模地域ケア交流フォーラムの総合セッション「介護保険で何が変わったか?」での発表

兵庫県宅老所・グループホーム・グループハウス連絡会主催.
小規模地域ケア交流フォーラム.
総合セッション「介護保険で何が変わったか?」

日時:2006年3月21日(火).10:50~12:30.
場所:神戸市勤労会館.

パネラー:   下村恵美子さん(宅老所よりあい代表/福岡県)
         天田城介さん(熊本学園大学助教授)
         中村大蔵さん(兵庫県宅老所・グループホーム・グループハウス連絡会世話人代表)
コーディネート:長谷憲明さん(関西国際大学教授)

天田発表
「介護保険施行から6年―立ち止まって考えなおしてみるべきこと」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp89.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/07/2006

ホームページ開設・移設

天田城介です。ご無沙汰しておりました。

天田城介のホームページ
http://www.josukeamada.com
を開設しました。

現在のところ、以前のホームページをそのまま移設しただけの内容であり、また自分のフルネームをドメイン名にするという、この上なく恥ずかしいホームページ名ですが(苦笑)、どうぞよろしくお願い致します。

なお、天田城介研究室のホームページ
http://www2.kumagaku.ac.jp/teacher/josuke/
は閉鎖致しました。

新たなホームページのほうもどうぞ宜しくお願い致します。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/16/2006

ホームページ移設準備

http://www.kumagaku.ac.jp/teacher/josuke/

上記のホームページは3月上旬に別のところに引越(移動)します。詳細は追って掲載します。

http://www.josukeamada.com/
に移動しました。(061111加筆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国立病院機構九州循環器病センター附属鹿児島看護学校での講演

◆国立病院機構九州循環器病センター附属鹿児島看護学校での講演

日時:2006年01月25日(水).13:00~16:00.
場所:国立病院機構九州循環器病センター附属鹿児島看護学校.
講師:天田城介(熊本学園大学社会福祉学部助教授)
テーマ:「どのように分析していくことが可能か?」

国立病院機構九州循環器病センター附属鹿児島看護学校
http://www5.synapse.ne.jp/kagoshima-ns/

http://www.josukeamada.com/bk/bsp88.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尚絅大学ゲスト講義

◆尚絅大学ゲスト講義

日時:2006年01月13日(金).10:50~12:20.
場所:尚絅大学.
講師:天田城介(熊本学園大学社会福祉学部助教授)
表題:「ケアとジェンダーの癒合」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp87.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/05/2005

放送大学平成17年度2学期面接授業(集中型)における講義

◆放送大学平成17年度2学期面接授業(集中型)における講義

放送大学非常勤講師平成17年度2学期面接授業(集中型)
〔担当科目:老いを生きる意味〕.

日時①:2005年12月17日(土)13:00~18:00
日時②:2005年12月18日(日)10:00~18:00
場所:崇城大学.
講師:天田城介(熊本学園大学社会福祉学部助教授)
講義テーマ:「老いを生きる意味」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp86.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/27/2005

熊本学園大学水俣学研究センター公開講座「地域社会と福祉を考える」における講演

◆熊本学園大学水俣学研究センター公開講座「地域社会と福祉を考える」における講演

熊本学園大学水俣学現地研究センター主催.熊本学園大学水俣学研究センター公開講座「地域社会と福祉を考える」.第5回公開講座.

日時:2005年12月09日(金).18:30~20:30
場所:水俣市公民館研修室
講師:天田城介(熊本学園大学社会福祉学部助教授)
テーマ:「老いることの意味」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp85.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清泉女子大学ゲスト講義

◆清泉女子大学ゲスト講義

日時:2005年11月30日(水).14:50~16:20.
場所:清泉女子大学.
講師:天田城介(熊本学園大学社会福祉学部助教授)
表題:「エイジングをめぐる問い―高齢者めぐる『人権』と『共生』」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp84.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/17/2005

新装開店3

またまたご無沙汰しておりました。天田です。
ブログ=広告の状態です。もっとうまい活用方法が思いついたら、そのようにします。

いつものごとく特段に意味はないのですが、第3回目のブログ新装開店をしてみました(これまたいつものごとくテンプレートを使ってデザインを変えただけ)。

「天田城介 josukeamada.com」のホームページも相変わらず、きちんと更新することもできておりません。

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

特別養護老人ホーム陽光園での研修会における講演

◆特別養護老人ホーム陽光園での研修会における講演
(熊本学園大学社会福祉学部卒業生井戸上さんの勤務先).

日時:2005年11月25日(金).19:00~.
場所:特別養護老人ホーム陽光園
講師:天田城介(熊本学園大学社会福祉学部助教授)
テーマ:「いま立ち止まって考えるべきこと―当事者の生」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp83.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国立病院機構九州循環器病センター附属鹿児島看護学校での講演

◆国立病院機構九州循環器病センター附属鹿児島看護学校での講演

日時:2005年11月25日(金).13:00~16:00.
場所:国立病院機構九州循環器病センター附属鹿児島看護学校.
講師:天田城介(熊本学園大学社会福祉学部助教授)
テーマ:「いかにして現実を記述することは可能か?」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp82.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

特別養護老人ホームあいこう研修会における講演

◆特別養護老人ホームあいこう研修会における講演
(熊本学園大学社会福祉学部卒業生の宮本さんからの依頼)

日時:2005年11月18日(金).18:30~20:00
場所:あいこう地域交流センター.
講師:天田城介(熊本学園大学社会福祉学部助教授)
テーマ:「私たちは何を問えばよいのか?/いかに実践すればよいのか?」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp80.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自治労熊本県本部福祉ユニオン学習会における講演

◆自治労熊本県本部福祉ユニオン学習会における講演

日時:2005年11月20日(日)14:30~
場所:自治労熊本県本部3階会議室.
内容:「私たちが今まさに考えるべきこと―介護保険改革、医療制度改革、障害者自立支援法の只中で」
講師:天田城介

http://www.josukeamada.com/bk/bsp81.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/11/2005

平成17年度社団法人日本介護福祉士養成施設協会九州ブロック教員研修会における司会+コーディネーター

◆平成17年度社団法人日本介護福祉士養成施設協会九州ブロック教員研修会における司会+コーディネーター

1.テーマ  「社会福祉基礎構造改革期における介護福祉士の専門性の検証―介護福祉士の教育の新たな課題と可能性」
2.期 日   平成17年11月12日(土)・13日(日)
3.会 場   熊本学園大学   〒 862-8680 熊本市大江2丁目5-1 ℡ 096-364-5161
4.主 催   社団法人 日本介護福祉士養成施設協会
5.担当校   熊本県介護福祉士養成校5校
         大会実行委員長 熊本YMCA学院 学院長 小山 哲夫
         熊本県幹事校 熊本YMCA学院
                   熊本学園大学
                   九州看護福祉大学
                   常盤家政調理師専門学校
                   熊本社会福祉専門学校
6.日程
12日(土)12:30~13:00 受付
      13:00~13:30 開会
      13:40~15:10 基調講演
      15:20~17:50 シンポジウム
      18:30~20:30 情報交換会
13日(日)9:30~11:00 分科会
      11:00~11:30 ブロック会議
      11:40~12:10 分科会報告
      12:10~12:40 閉会式

7.基調講演
  講演テーマ 「自立支援、自己決定権および権利擁護―改正法制上の意義とこれからの課題」
  講演者    河野正輝氏(熊本学園大学社会福祉学部教授)
  司 会     天田城介氏(熊本学園大学社会福祉学部助教授)

8.シンポジウム
  ①テーマ 「社会福祉基礎構造改革期における介護福祉士の専門性」
  ②コーディネーター  天田 城介 氏 (熊本学園大学社会福祉学部助教授)
  ③シンポジスト    和田 要 氏  (熊本学園大学社会福祉学部助教授)
               東  俊裕 氏 (全国自立生活センター協議会副会長・ヒューマンネットワーク熊本代表)
               岩木 克敏 氏 (熊本県介護福祉士会会長)
               村岡  聡 氏 (社会福祉法人熊本東翔会総合ケアセンターたいめい苑 居宅サービス局次長)
   コメンテーター   河野 正輝 氏 (熊本学園大学社会福祉学部教授)

9.分科会
①第1分科会テーマ 「学生に対する人権教育と福祉教育の展開―プライバシー保護と実習教育等の現状―」
②第2分科会テーマ 「学生の動機づけへの課題―授業展開の工夫と導入教育―」
③第3分科会テーマ 「利用者の個別理解に関する教育あり方」

【大会事務局】
〒862-8680 熊本市大江2丁目5-1  熊本学園大学 教職・実習課
担当 坂田千賀子  TEL 096-364-5161(内線 1194・1193・1806) FAX 096-364-3255

http://www.josukeamada.com/bk/bsp79.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/24/2005

公共哲学・京都フォーラムin名古屋大学会議における発表

◆公共哲学・京都フォーラムin名古屋大学会議における発表

「グローバル化のなかの他者と感情」(仮)

開催日:2005年11月5日(土)~11月6日(日)
会議場:名古屋大学文系総合館8F カンファレンス・ホール

◆発表日時:11月5日(土)03:20-03:40 提題者⑤
天田城介
 「他者をどこに/いかにして定位させるのか?――リベラリズムの彼方」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp78.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/19/2005

熊本学園大学水俣学研究センター公開講座「地域社会と福祉を考える」における発表

◆熊本学園大学水俣学研究センター公開講座「地域社会と福祉を考える」
【051018】熊本学園大学水俣学研究センターからのお知らせです。

 熊本学園大学水俣学研究センター公開講座  「地域社会と福祉を考える」
 ●主催  熊本学園大学水俣学現地研究センター センター長 宮北隆志

 熊本学園大学の社会福祉学部の専門の先生方による公開講座を水俣市で開催します。
 福祉という言葉が普通に使われるようになっていますが、一体どういう意味なんでしょうか。
 介護保険、年金改革、しょうがい者の自立支援法案など国の制度はおおきく変わっていきつつあります。あらためて、福祉とは何かを考え、現代社会そして一人ひとりが暮らす場に必要とされる社会福祉を見つめたいと思います。

 【講座日程】
 ①11月11日 「社会福祉をどう考えるか」 花田昌宣
 ②11月18日 「精神保健と社会福祉」 赤星香代子
 ③11月25日 「障害者の地域における暮らし」 堀正嗣
 ④12月02日  「地域福祉が拓く『誰もが安心して暮らせるまちづくり』」 高林秀明
 ⑤12月09日  「老いることの意味」 天田城介

開講日: 11月11日~12月09日 毎週金曜日18:30~20:30
会場: 水俣市公民館研修室
受講料: 資料代として2,500円。全講義受講者には、修了証を発行します。
協力・後援: 水俣市、水俣市社協(予定)

【申し込み方法】
①電話/FAXで受け付けます。(仮申し込みになります)
②当センターより、申込用紙を郵送いたします。
③申込用紙を問うセンターまで郵送してください。(正式なお申し込みになります)
※お近くの方は、当センターで直接申し込み用紙にご記入頂くと正式な申し込みになります。
※受講料は当日会場で頂きます。
※初日11月11日が簡単な開講式とオリエンテーションを午後6時15分より行います。

【申込先】
熊本学園大学水俣学現地研究センター
住所: 水俣市浜町2-7-13
電話/FAX: 0966-63-5030
E-mail: m-genchi@kumagaku.ac.jp

http://www.josukeamada.com/bk/bsp85.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/17/2005

第14回全国ボランティアフェスティバル火の国くまもと県央ブロック 第8分科会 「地域福祉とネットワーキング」における司会

◆第14回全国ボランティアフェスティバル火の国くまもと県央ブロック第8分科会「地域福祉とネットワーキング―共生社会をめざすために」における司会

実施主体:NHK学園専攻科CSネットワーク(CS熊本).
日時:2005年10月30日(日).9:30~12:50.
場所:熊本市役所14階ホール.

 地域で一人ひとりが安心して生活するためには、共に支えあい・共に生きる共生社会の構築が求められています。
 市民活動の領域を拡充し、異なる領域を結び合わせるネットワーキングにより、自立と連携の福祉コミュニティを目指しています。熊本市の「熊本市地域福祉計画」及び熊本市社会福祉協議会がすすめている「よかまちづくりボランティアネットワーク戦略」と協働で進めていくために、全国で草の根の地域活動に携わっているNHK学園専攻科CSネットワークの事例をもとに学び合い・語り合います。

09:30~09:40 開会・全体の流れ 天田城介 氏(熊本学園大学社会福祉学部助教授)
09:40~10:40 基調講演 大橋謙策 氏(日本社会事業大学学長)
10:40~11:20 事例発表 藤江京子 氏(春日校区民生委員・CSネ熊本)
                 栗原誠 氏(大正製薬㈱・CSネットワーク事務局)
11:20~11:30 休憩
11:30~11:50 コメント 山本正興 氏(前NHK学園副校長)
11:50~12:00 コメント 大橋謙策 氏(日本社会事業大学学長)
12:00~12:50 意見交換・まとめ 天田城介 氏(熊本学園大学社会福祉学部助教授)

■「第14全国ボランティアフェスティバル火の国くまもと」の公式サイト
http://www.vf-kumamoto.jp/

■天田城介(josukeamada.com)のHP
http://www.josukeamada.com/bk/bsp77.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/14/2005

熊本IBD総会でのシンポジウムにおけるコーディネーター

◆熊本IBD総会でのシンポジウムにおけるコーディネーター

日時:平成17年10月29日(土)10時00分~12時30分
会場:熊本県難病相談・支援センター 多目的ルーム
   熊本市東町4丁目11番1号 県健康センター3階 
   TEL(096)331-0555 FAX(096)369-3080

内容:
   ◆10時00分 熊本IBD総会
    ①事業計画:収支報告
    ②全国IBDネットワーク総会 報告
   ◆14時00分   記念シンポジウム「難病者の就労問題を考える」
    コーデネーター:熊本学園大学助教授 天田城介
    シンポジスト :熊本県地域づくり推進課
             保健師
             就労相談センター
             熊本IBD患者 2名
   ◆12時00分 「オータムコンサート」 エレクトーン演奏者 舛田広美さん
※RKKラジオのキャスターを経て「鉢盛りラジオ」のパーソナリティーとして活躍されておられました。現在は、エレクトーン教室・ピアノ教室を主宰。福祉施設や学校なども含め年間を通してコンサート活動を行って居られます。ハーモニックアンサンブルに所属。

費用:参加無料。会員の方は、当日、17年度の年会費2,000円を徴収させて頂きます。
駐車場有り。(100台)

http://www.josukeamada.com/bk/bsp76.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/05/2005

「眼のことば―在宅ALS患者のケアとコミュニケーション」のお知らせ

◆「眼のことば―在宅ALS患者のケアとコミュニケーション」のお知らせ
敬愛する西川勝さんからお誘いして頂いたイベントです。とても楽しみです。是非、参加して頂ければ幸いです。
http://www.medica.co.jp/seminar/detail/2005/cre_html/0509001369.html


日時:2005年10月27日(木)
場所:メディカホール (地図・交通案内はこちらをクリック
受講料(税込): 1名 ¥3,000

大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任助教授  西川 勝
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任講師  久保田 テツ
熊本学園大学社会福祉学部助教授 天田城介(ゲスト)

■プログラム
19:00~
1.講演「在宅ALS患者のケアとコミュニケーション」
  大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任助教授 西川勝
2.ビデオ上映「眼のことば」
  制作:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任講師 久保田テツ
~21:00
3.ディスカッション「不動の体を生きること」

ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis:筋萎縮性側索硬化症)は、運動神経だけを徐々に冒していく原因不明の難病です。大阪市に住む中水浩貴(なかみず・ひろたか)さんは、平成11年12月24日クリスマスの日、ALSの告知を受けます。つらい闘病生活の中で、彼は生きることの意味を問い続けています。現在は、人工呼吸器を装着し在宅でケアを受けています。彼は病気のために、思うこと、感じることを話すことは出来ません。文字盤を目で追い、まばたきで意思を表明します。身体が動かない苦しみに加えて、自らの思いを伝えることの困難が切迫しています。でも、聴いてほしいのです。ケアに不可欠なコミュニケーションが、非常に困難を抱えるとき、私たちは、何を考え、どうすればよいのでしょうか。中水さんの映像を中心にして、参加者がディスカッションを通じてケアとコミュニケーションのあり方を考える企画です。皆様の参加を、お待ちしております。

■備考
中水さんのホームページ

■交通案内
メディカ・ホール メディカ出版本社1階
●JR新大阪駅より、地下鉄御堂筋線江坂駅下車⑥⑦出口、徒歩5分
●千里中央駅より、北阪急行江坂駅下車⑥⑦出口、徒歩5分

http://www.josukeamada.com/bk/bsp75.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/04/2005

第58回ホームヘルパー自由学習会緊急『いろは塾』開催のご案内

◆第58回ホームヘルパー自由学習会緊急『いろは塾』開催のお知らせ

日時: 平成17年10月16日(日)13:30~16:30
場所: 嘉穂郡筑穂町大字長尾911-1(0948-72-3153)
     健康福祉総合センター(多目的ホール)
内容: 「ホームヘルパーはなぜ/どのように引き裂かれるのか?」
講師: 熊本学園大学社会福祉学部助教授 天田城介
参加費: 2,000円
主催: いろは塾
協賛: 筑穂町社会福祉協議会
問い合わせ: 筑穂町健康福祉総合センター(0948-72-3153) 泊イクヨまで

http://www.josukeamada.com/bk/bsp74.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/22/2005

第1回熊本医療福祉実践研究会(仮称)における司会

◆第1回熊本医療福祉実践研究会(仮称)における司会

日 時: 2005年9月24日(土)14:00~18:00
場 所: 熊本学園大学4号館442教室
報告者: ◆木村 和宣(熊本学園大学大学院社会福祉学研究科)
      「介護保険制度の中でのホームヘルプサービスの困難(仮題)」
      ◆高江 康明(熊本学園大学大学院社会福祉学研究科)
      「高齢者介護施設における職員の行動規定の陥穽(仮題)」
司 会: ◆天田城介(熊本学園大学社会福祉学部)

http://www.josukeamada.com/bk/bsp72.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/21/2005

『教育老年学の展開』に向けての研究会

◆『教育老年学の展開』に向けての研究会

日時: 2005年9月23日(金).11:30~18:00
場所: 大阪教育大学天王寺分校
発表: 天田城介
テーマ:「エイジングの二重性―〈老い衰えゆくこと〉の社会学の地平から」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp71.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/20/2005

「健軍発地域づくりフォーラム」におけるコーディネーター

◆「健軍発地域づくりフォーラム」におけるコーディネーター

※こちらも昨日終了したイベントです。

NPO法人おーさぁ主催「健軍発地域づくりフォーラム」のご案内

日時:9月19日(月)13:20~16:40
場所:熊本市健軍文化ホール(熊本市若葉3-5-11/電話番号096-368-1211)
   ※専用の駐車場はありません。近くの有料駐車場をご使用になるか、公共の交通機関をご利用ください。

内容:
第一部 「これからの地域密着型サービスの展開」(仮題)
 厚生労働省老健局認知症対策室 室長補佐 池田武俊 氏
 立教大学コミュニティ福祉学部 教授 森本佳樹 氏
 宅老所・グループホーム全国ネットワーク 代表世話人 川原秀夫 氏
 コーディネーター 特定非営利活動法人おーさぁ 理事長 小笠原嘉祐 氏

第二部 健軍発「ともに創る安心わが街―健軍地域で求められていること」
 健軍商店街 釼羽逸郎 氏
 子育てサークル 坂口京子 氏
 熊本県福祉のまちづくり課 田嶋徹 氏
 熊本市東保健福祉センター 藤島みどり 氏
 コーディネーター 熊本学園大学社会福祉学部 助教授 天田城介

《参加申し込み》:当日資料代として会費1000円となっておりますが、健軍地域にお住まいの方には参加チケット(無料)をお渡しします。健軍くらしささえ愛工房及び健軍商店街協力店に置いていますので、ご希望の方はお申し出ください。

◇定員: 250名 (先着順です。早めにお申し込み下さい。)
◇主催 特定非営利活動法人 おーさぁ
  熊本市栄町2-15  健軍くらしささえ愛工房  Tel:096-214-0003 FAX:096-214-0005
◇後援 熊本県 熊本市(予定) 内閣府「地域再生」事業

http://www.josukeamada.com/bk/bsp70.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京都大学大学院文学研究科COE

◆京都大学大学院文学研究科COE

すでに一昨日終わってしまいましたが、今後の情報掲載の最初の一歩として。

第27回PaSTA研究会:「ケアについて――社会との関係と歴史的考察の試み」
日時:9月17日(土)午後2:00より
会場:京都大学文学部東館4階COE研究室

発表:
天田城介 氏 (熊本学園大学 社会福祉学部助教授)
 「社会のケア/ケアの社会」
◆沢崎 壮宏 氏 (大阪教育大学 非常勤講師)
 「母性神話の終焉に見出されるケア倫理の可能性――エリザベト・バダンテール『付け足しの愛』における母性神話の終焉――」
◆竹中 利彦 氏 (京都市立看護短期大学 非常勤講師)
 「ケアの倫理は誰が担うのか」

■現代科学・技術・芸術と多元性の問題」(略称PaSTA研究会)
http://www.hmn.bun.kyoto-u.ac.jp/pasta/announce.html#050327

■天田城介(josukeamada.com)のHP
http://www.josukeamada.com/bk/bsp69.htm

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新装開店2

またもやご無沙汰しておりました。天田です。
あまりにもブログを使わないので(うまく使いこなせないので)、広告などを掲載することにしました。

またもや、特段に意味はないのですが、そして特段にブログに書く内容もないのですが、気分転換にブログを新装開店しました(と言っても、またもやテンプレートを使ってデザインを変えただけです)。


「天田城介 josukeamada.com」のホームページも相変わらず、きちんと更新することもできておりません。秋には必ず…。自信ありません。

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/16/2005

新装開店

天田です。またまた大変ご無沙汰しておりました。
またもや半年ぶりの投稿です(過去の記事は整理しました)。

さてさて、特に意味はないのですが、そして特段にブログに書く内容もないのですが、気分転換にブログを新装開店しました(と言っても、デザインを変えただけです←しかも安易にテンプレートを使っただけ)。

また、今後は、新装開店したついでに、ブログを活用して、本の紹介や諸々の情報提供、そしてあれこれと考えあぐねていることをメモしていこうと思っています。さすがに半年に1回の更新ではブログの意味をなしていないため、こまめにとはいかなくとも、「メモ」や「ノート」の代わりとして積極的にブログを使っていこうなどと思っております(ただし、期待しないでください←たぶん、誰も期待していないとは思いますが…)。

「天田城介 josukeamada.com」のホームページも相変わらず、きちんと更新することもできておりません。そろそろ一気に更新しなければと思っています(と言いつつ、1年以上が経っています)。

ということで、今日からは「ブロガー」を目指して(?)書いていきます。

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/08/2004

研究室HPの講義関連情報を追加

天田城介です。ご無沙汰しておりました。
「天田城介 josukeamada.com」のホームページにある「講義関連」の情報を追加しました。私が熊本学園大学に赴任してから今日までの講義関連の情報を掲載しています。
ゼミ生や卒論メンバーが作成した報告書や論文集や卒業論文の目次を掲載しております。報告書と論文集にはまだ僅かですが、残部があります。希望される方は天田までメールをください。どうぞ宜しくお願いします。
近日中に、研究資料(データベース)の情報を大幅に更新する予定ですが、あれこれの仕事があるため、公開が遅くなるかもしれません。それ以外にも、これまでの論文やレジュメ、そして雑文の類もどこかでホームページで掲載します。しばしお待ちください。何か情報がありましたら、天田までメールをください。
ではでは。

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/19/2004

blog開始

天田城介です。
お待たせしましたが、ようやくblogを開始しました。
携帯からの投稿はこの「派出所」で行ってください。
それ以外の情報は、「天田城介 josukeamada.com」のホームページにお願いします。
いずれにしても、本日から始動します。
どうぞよろしくお願いします。では。

※061111 URL修正

| | Comments (0) | TrackBack (0)