« April 2006 | Main | June 2006 »

05/11/2006

第32回日本保健医療社会学会大会 メインシンポジウムでの発表

◆第32回日本保健医療社会学会大会 メインシンポジウムでの発表

第32回日本保健医療社会学会大会
日時:2006年5月13日(土)、14日(日)
場所:立教大学(池袋キャンパス)
メインテーマ 「病を生きる、生を支える」

2006年5月13日(土) 15:40~18:00 メインシンポジウム
「病い・老い・トラウマを生きる―保健医療の対象者像(他者像)の再発見」

シンポジスト 天田 城介(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
         朝倉 隆司(東京学芸大学養護教育講座)
         溝田 友里(東京大学大学院健康社会学)
司会 立岩 真也(立命館大学大学院先端総合学術研究科) 
    中川 薫 (首都大学東京 都市教養学部)

※従来、保健医療は、病い、老い、トラウマ等の困難と苦痛に着眼し、その軽減と除去に努めてきた。しかし、保健医療の対象者(他者)は、そうした困難や苦痛を抱えながらもなおよりよく生きようとしている、決して受け身ではない、主体的な人々なのである。本シンポでは、保健医療福祉の新しいあり方を探求する見地から、こうした保健医療の対象者像(他者像)の再発見とそのための新しい理論と方法の開発に挑戦したい。

■日本保健医療社会学会HP
http://square.umin.ac.jp/medsocio/box/info.htm
■天田城介(josukeamada.com)のHP
http://www.josukeamada.com/bk/bsp91.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『福祉ボランティア論(仮題)』執筆者会議での発表

※すでに終了したものですが、記録のため掲載致します。

◆『福祉ボランティア論(仮題)』執筆者会議での発表

天田城介
「「つながり」を生み出す場――「当事者」と「ボランティア」をめぐる位置価(付与された題目)」
『福祉ボランティア論』執筆者会議.2006年3月30日(木)13:00~18:00.於:有斐閣.

http://www.josukeamada.com/bk/bsp90.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小規模地域ケア交流フォーラムの総合セッション「介護保険で何が変わったか?」での発表

※すでにとうの昔に終了したものですが、記録のため掲載致します。

◆小規模地域ケア交流フォーラムの総合セッション「介護保険で何が変わったか?」での発表

兵庫県宅老所・グループホーム・グループハウス連絡会主催.
小規模地域ケア交流フォーラム.
総合セッション「介護保険で何が変わったか?」

日時:2006年3月21日(火).10:50~12:30.
場所:神戸市勤労会館.

パネラー:   下村恵美子さん(宅老所よりあい代表/福岡県)
         天田城介さん(熊本学園大学助教授)
         中村大蔵さん(兵庫県宅老所・グループホーム・グループハウス連絡会世話人代表)
コーディネート:長谷憲明さん(関西国際大学教授)

天田発表
「介護保険施行から6年―立ち止まって考えなおしてみるべきこと」

http://www.josukeamada.com/bk/bsp89.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »