« September 2006 | Main | November 2006 »

10/13/2006

第25回日本医学哲学・倫理学会大会シンポジウムにおける発表

◆第25回日本医学哲学・倫理学会大会シンポジウム「老いること、衰えること、死を迎えること」における発表

第25回医学哲学・倫理学会大会
大会テーマ「老・衰・死と向き合う」

会 期:2006年10月28日(土)、29日(日)
会 場:大阪大学豊中キャンパス共通教育棟
大会長:霜田求
参加費:3500円(当日4000円)、学生:1000円

* 特別講演・シンポジウムのみ:1000円

特別講演
日 時:2006年10月29日(日)午後
司 会:清水哲郎(東北大学)
講演者:鷲田清一(大阪大学)「老いの空白」

シンポジウム
日 時:2006年10月29日(日)午後
テーマ:「老いること、衰えること、死を迎えること」
司 会:霜田求(大阪大学)、宮越一穂(南大阪病院)
シンポジスト:
     天田城介(立命館大学)「死に放擲される老い――事態の深刻さと倫理/に抗う論理 」
     宮坂道夫(新潟大学)「難病、尊厳死、ニヒリズム――日本の難病患者が“世界”に示している普遍的な論点」
     田村恵子(淀川キリスト教病院)「衰え死を迎えるがん患者へのケア」
     浅井篤(熊本大学)「死の自己決定と患者の利益」

第25回医学哲学・倫理学会大会HP
http://pe-med.umin.ac.jp/25th_meeting.html.htm

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp061029.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/03/2006

立教大学社会学部シンポジウム「社会学は『未来』をいかに語りうるか?」における講演

◆立教大学社会学部シンポジウム「社会学は『未来』をいかに語りうるか?」における講演

立教大学社会学部シンポジウム「社会学は『未来』をいかに語りうるか?」.
日時:2006年10月21日(土).13:00~17:00.
場所:立教大学池袋キャンパス5号館5123教室.(受講料:無料/申し込み:不要)

内容
《挨拶》
木下康仁(立教大学社会学部長)

《基調講演》
◆「未来構想の社会学」
  見田 宗介氏(東京大学名誉教授・共立女子大学教授)
◆「自由はいかにして語ることが可能か?――社会学の位置」
  天田 城介氏(立命館大学大学院先端総合学術研究科講師)
◆「創造環境としての都市」
  松本 康(立教大学社会学部教授)
司会 奥村 隆(立教大学社会学部教授)
    高木 恒一(立教大学社会学部助教授)

対象 本学学生、教職員、高校生、高校教員、小中高生を子に持つ親の世代など一般
受講料 無料
申し込み 不要
主催 立教大学社会学部

問い合わせ 立教大学社会科学系事務室
TEL:03-3985-3359


立教大学のホームページ
http://rikkyo.daigaku.co.jp/tn/topics.php?id=682

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp061021.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »