« 小規模多機能ケア研修での講演+コーディネーター | Main | 立命館大学土曜講座2007年4月「「生存学」の創成――障老病異と共に暮らす世界へ」での講演 »

01/19/2007

『〈老い衰えゆくこと〉の社会学〔普及版〕』刊行

2007年1月30日に『〈老い衰えゆくこと〉の社会学〔普及版〕』を刊行します。
今回の本は、2003年2月に刊行された『〈老い衰えゆくこと〉の社会学』(多賀出版)を、単純に元の価格にて増刷・重版するのではなく、「初版本」よりは購入しやすい価格設定にした上で、誤植などの必要最低限と思われた箇所のみに修正を施して、「普及版」として刊行するものです。言い換えれば、本書は「低額化」を第一義的な目的として刊行されるものということです。
また、本書は「並製(ソフトカバー)」とし、本文用紙に薄い用紙を使用することによって書籍の「厚み」を「初版本」の2/3程度に抑えることによって「軽量化」しています。

今から読み返すと、穴があったら入りたいほど甚だ恥ずかしい内容ですが、関心のある方はご購入頂ければ大変有り難く存じます。
(なお、著者割引価格4,000円にて販売しておりますので、ご関心のある方々はメールを頂ければ幸いです)

取り急ぎ。
天田

◆書誌情報は以下参照
http://www.josukeamada.com/bk/books3.htm

|

« 小規模多機能ケア研修での講演+コーディネーター | Main | 立命館大学土曜講座2007年4月「「生存学」の創成――障老病異と共に暮らす世界へ」での講演 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『〈老い衰えゆくこと〉の社会学〔普及版〕』刊行:

« 小規模多機能ケア研修での講演+コーディネーター | Main | 立命館大学土曜講座2007年4月「「生存学」の創成――障老病異と共に暮らす世界へ」での講演 »