« 第33回日本保健医療社会学会大会「高齢者ケア」の司会 | Main | 「スティグマとノーマライゼーション研究会」報告者 »

07/01/2007

「PTSDと「記憶」の歴史――アラン・ヤング教授を迎えて」の討論者

◆「PTSDと「記憶」の歴史――アラン・ヤング教授を迎えて」の討論者
※以下、転送・転載自由です。広くアナウンスして頂ければ、大変有り難く存じます。

詳細は、arsvi .com内のページに掲載してあります。
http://www.arsvi.com/a/e2007a.htm#0721

――――――――――――――――
特別公開企画
立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点
PTSDと「記憶」の歴史――アラン・ヤング教授を迎えて

日時:2007年7月21日(土)13:00~18:00(開場12:30)
会場:立命館大学衣笠キャンパス以学館2号ホール
(キャンパスアクセスURL : http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/annai/profile/access/kinu_l.html
参加費:無料

▼プログラム
13:00~13:05 開会の辞 西成彦(立命館大学大学院先端総合学術研究科長)
13:05~13:10 紹介 宮坂敬造(慶應義塾大学文学部教授)
13:10~14:10 基調報告 Allan Young 教授(慶應義塾大学社会学研究科特別招聘教授)
          "PTSD in the War on Terror" [通訳:宮坂敬造(慶應義塾大学文学部教授)]
14:10~14:25 指定質問1 小宅理沙(立命館大学大学院先端総合学術研究科院生)
14:25~14:40 指定質問2 片山知哉(立命館大学大学院先端総合学術研究科院生)
14:40~15:00 Allan Young 教授のリプライ
15:00~15:20 休憩
15:20~15:40 研究報告1 植村要(立命館大学大学院先端総合学術研究科院生)
15:40~16:00 研究報告2 櫻井浩子(立命館大学大学院先端総合学術研究科院生)
16:00~16:20 Allan Young 教授のコメント
16:20~16:40 休憩
16:40~16:55 全体討議コメント1 池田光穂(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)
16:55~17:10 全体討議コメント2 天田城介(立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授)
17:10~17:30 Allan Young 教授のリプライ
17:30~17:50 フロアからの質問 & Allan Young教授のレスポンス
17:50~18:00 閉会の辞 松原洋子(立命館大学大学院先端総合学術研究科副研究科長)
司会:サトウタツヤ(立命館大学文学部教授)

*講演は英語で行われますが、逐次通訳・パソコン筆記要約の準備がございます。

【Allan Young 教授の紹介】
1938年アメリカ合衆国ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ。1959年ペンシルヴァニア大学人類学部卒業。1974年同大学人類学部博士(Ph.D)。ニューヨーク大学、ケース・ウェスターン・リザーヴ大学などを経て、現在、カナダ・ケベック州モントリオール(モンレアル)のマッギル大学社会学的医学研究部門主任教授、人類学部・医学部教授。彼は、我が国では『PTSDの医療人類学』によって1998年ウェルカム医療人類学賞を受賞したことで知られていますが、以後、同テーマで継続的に一連の研究を行いつつ、脳の進化等、進化精神医学の最近の一連の広いテーマも精力的に精査し、北アメリカの精神医学関係の学会でも多くの論文を発表しています。

主催:
立命館大学グローバルCOEプログラム 「生存学」創成拠点

共催:
慶應義塾大学グローバルCOEプログラム 論理と感性の先端的教育研究拠点形成

協賛:
科学研究費補助金「患者主導型科学技術研究システム構築のための基盤的研究」(代表:松原洋子)
科学研究費補助金「社会状況や海外学説との関連からみた本邦臨床心理学の歴史的展開」(代表:佐藤達哉)
科学研究費補助金「米国の高齢者医療福祉制度における老いと死をめぐる表象の政治学」(代表:天田城介)

◆お申し込み方法
ご芳名、ご所属(任意)、ご連絡先(任意)をご記入の上、EmailまたはFAXにてお申し込みください。
・お申し込み先 Email:liaisonk@st.ritsumei.ac.jp FAX:075-465-8245

◆お問い合わせ先
立命館大学人文社会リサーチオフィス(担当:荒堀・大下・仲山)
〒603-8577京都市北区等持院北町56-1
TEL:075-465-8358 FAX:075-465-8245
Email:liaisonk@st.ritsumei.ac.jp

会場へのアクセス:
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/annai/profile/access/kinu_l.html

◆お願い
※駐車場がございませんので、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
※会場内での飲食はご遠慮ください。

天田城介のHPでは以下参照。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp070721.htm

|

« 第33回日本保健医療社会学会大会「高齢者ケア」の司会 | Main | 「スティグマとノーマライゼーション研究会」報告者 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「PTSDと「記憶」の歴史――アラン・ヤング教授を迎えて」の討論者:

« 第33回日本保健医療社会学会大会「高齢者ケア」の司会 | Main | 「スティグマとノーマライゼーション研究会」報告者 »